J:COM調布世田谷tvkパススルー開始

アナログ地上波終焉を目前にして、J:COMさんが今朝からtvkのパススルーを始めてくれました!一時はアンテナ上げて直接受信を検討するも挫折していたので、これは大変ありがたいです。

あと、tvkに先行すること数日、テレ玉のパススルーも始まっておりました。これは嬉しいサプライズ。ライオンズ戦中継や競輪とかうますぎる饅頭のCMとか久々に見るテレ玉をチェックしたいと思います。

それから、J:COMチャンネルHDと放送大学もパススルー始まってましたが・・・。これはあまり見ないから関係ないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

(映画)ケータイ刑事THE MOVIE3

P1000513 行こうかどうか迷ったのですがアンドリウへのお布施と割りきって池袋のテアトルダイヤに行ってきました。土曜日の14時の回でしたが客は20人位おり、懸念した貸し切り状態ではありませんでした(^^;

結局あの人が犯人だったのはかなりショック。最後にどんでん返しあるかと思ったんですが・・・。結シリーズの役はどう考えたらいいの?

結の携帯電話は本編と違い折り畳み型でした。

モーニング娘。は知らない娘ばかりになっていて驚いてしまいました。

写真は劇場に置いてあったパネルです。

http://w3.bs-tbs.co.jp/zenigatamovie3/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NHK教育

最近見てる番組

Eテレ0655(月~木0655-0700) ねこのうた に癒されます

大科学実験(水1940-1950) スケールの大きな実験が楽しいです

ぜんまいざむらい新作まだですかね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

(映画)鷹の爪 THE MOIVE3

府中のTOHOで鑑賞。早起きのせいで睡魔に勝てず所々落ちてしまいましたが、全体的には楽しめました。予算ゲージが減っていって、広告が入ると復活する趣向もナイス。

http://鷹の爪.jp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

(映画)仮面ライダーW&ディケイド

おのれディケイド・・・

TV最終話のモヤモヤは解決されませんでした。鳴滝さんって一体何者だったんですか???

Wの方はW誕生のいきさつが分かってスッキリでした。

子供連れが多かったけど、アレで内容理解するのは難しかろう・・・。

http://www.w-dcd.com/

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ディケイド→W

新聞のテレビ欄で、仮面ライダーの新シリーズが紹介されていて「あれれ?」と思ったのですが、調べてみたところディケイドは8月までで全31話、9月からは仮面ライダーWが始まるようです。今まで1年サイクルだったので変な感じ。まぁディケイドは10周年記念のお祭りってコトなんでしょうね。

http://www.toei.co.jp/tv/w/

| | Comments (1) | TrackBack (0)

(CM)豆鼓エキスつぶタイプ

日本サプリメントの豆鼓エキスつぶタイプというサプリメントのCMで流れている曲が頭の中でヘビーローテーション。

ペーソスという50代のおやじデュオが歌う、霧雨の北沢緑道という曲だそうです。メロディーラインが秀逸。ブレイクしそうな予感がします。

♪血糖値が高いから~、中性脂肪が多いから~、前立腺が腫れてます~、とにかく歩けと言われてる~

http://www.pathos-oyaji.net/

| | Comments (0) | TrackBack (1)

JCN武蔵野三鷹でtvkパススルー開始

お隣の武蔵野三鷹ケーブルテレビはtvk・テレ玉のパススルーを開始した模様。J:COM調布・世田谷も頑張ってくれー!!

2008年11月20日

武蔵野三鷹ケーブルテレビ株式会社

JCNテレビをご視聴いただきありがとうございます。

現在地上アナログ放送のみでご視聴可能となっている以下3チャンネルを
2008年12月1日より地上デジタル放送でもご覧いただけるようになります。

  地上031-1 tvk(テレビ神奈川) ※リモコンボタンで『3』

  地上031-2 テレ玉(テレビ埼玉)※リモコンボタンで『10』

  地上121  放送大学      ※リモコンボタンで『12』


視聴にあたりテレビおよびSTB(セットトップボックス)の再スキャンが必要になります。
http://www.mmcatv.co.jp/news/detail/1207481_21077.html

(2009.1.12追記)
J:COMカスタマーセンターにメールで問い合わせて見たところ、「放送帯域の確保が難しい為、お住まいの地域ではご提供の予定がございません。また今後につきましても、現在のところ未定となっております。」との返事でした。とほほ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

(映画)砂時計

これまたマンガ原作の作品。内容は敢えて予習せずに見に行ったのですが、悪夢のシーンとかホラー映画のごとく怖すぎ。主人公の杏は両親が離婚して母が自殺してそりゃ可愛そうな境遇ですが、せっかく救ってくれる大悟がが近くにいるのに勝手に離れていってしまって、なんだかなー。どこに共感してどう感情移入すればいいのかつかみきれない映画でした。原作よりかなり端折ってあるらしいので、原作読めばもう少し違う印象なのかも知れませんが。

杏の中高生時代を演じた夏帆ちゃんは難しい役柄を迫真の演技でこなしていました。毎度毎度キスシーンとか、ラブシーンが多いのが気になりますが、可愛い姿を大画面で拝めて幸せなひとときでした。

前回見たmemoに引き続き自殺ネタはヘビーすぎてしんどかったので、次は自殺者が出ない映画にしたいところ。

http://www.sunadokei-movie.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

(映画)memo

ケータイ刑事でお馴染みの個性派俳優・佐藤二朗さんの初監督作品が公開中ということで渋谷シネ・アミューズへ。19:15からのイブニングショーですが意外と客入りが良かったです。

紙にメモを取らずにはいられない強迫性障害を持った女子高生の前に、音信不通だった叔父が突然現れる。その叔父も手の汚れが気になって手洗いを続けてしまう強迫性障害を持っていることが分かり、そんな二人の奇妙な心の交流が始まるのだが、病気と闘わなければと考える叔父は自分自身を追いつめてしまい自らの命を・・・。そんな事件を乗り越え主人公は病気と闘わずに受け入れながら生きていく術を見つけていく。といったお話。あまり下調べせずに見に行ったのでヘビーな内容でびっくり。

佐藤二朗ワールド炸裂でクスリと笑える場面も楽しめたのですが、見終わった後に心に手を突っ込んで掻き混ぜられるような余韻が収まらない衝撃的な作品でした。「人生はしりとりのようなもの」なるほど。

http://www.memo-movie.net/
http://ameblo.jp/sato-jiro/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧