« 6/25 オービック31-10富士通 | Main | 2012甲子園遠征記 part6 »

2012甲子園遠征記 part5

無事日程を終了して紀伊勝浦駅で解散。まずは今回の宿ホテルシャルモントにチェックイン。オーシャンビューは無いですが寝るだけなのでまぁいいでしょう。フロントでPLCモデム借りて、家から持ってきたWiMAXをクレイドルに挿してアクセスポイントモードで起動。温泉に入りたくなったのでiPod touchで情報収集です。んで行き先が決まったところで出発。

Dscn4235港をぶらぶらしてから、徒歩10分ちょっとで着いたのが「海のホテル一の滝」。温泉教授・松田忠徳氏の著書「日本百名湯」に選ばれたという温泉は、源泉かけ流し100%。カランの湯も温泉、しかもちょうどいい温度で出てくるので真水の蛇口も無いという徹底ぶりです。湯船は熱めとぬるめの2つがあり、ぬるい方はいくらでも入ってられそうな快適なお湯でした。

温泉で疲れを癒したところで夕食タイム。下調べしておいた桂城(かつらぎ)さんにお邪魔しました。混むかなと思って早めに行ったので予想外の一番客。カウンターでメニューを前に長考。当初呑みながら色々つまんでみようと思っていたのですが、すごい金額になりそうなので色々入っている御膳にします。

Dscn4237_2 左奥はバター焼き、手前は左から生ハム・刺身・まぐろカツ、その向こうは漬け丼。生まぐろの刺身はねっとりとしてしっかりとした味わい。まぐろカツはジューシーで絶品でした。

Dscn4238_2 ここから追加注文メニュー。お店の人にモツにチャレンジしてみたいと質問すると、これが食べやすいですよというオススメだったガツ。湯通しして酢味噌かけてあります。歯ごたえありつつ、まぐろの味がする珍味でした。

Dscn4239 鯨竜田揚げ。柔らかくてジューシー。

Dscn4240 最近改装したようです。

この後は街をぶらぶらして、酒屋でビール買って宿へ。疲れもありさっさと寝てしまいました。

|

« 6/25 オービック31-10富士通 | Main | 2012甲子園遠征記 part6 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/55041091

Listed below are links to weblogs that reference 2012甲子園遠征記 part5:

« 6/25 オービック31-10富士通 | Main | 2012甲子園遠征記 part6 »