« 『決断できない日本』ケビン・メア | Main | 日本の猫カレンダー2012 »

『アメリカの歴史的機器で円・ドルはどうなる』日高義樹

ワシントンレポートでお馴染みの日高さんの書。

オバマさんがウォール街の支援を受けて大統領となり、福祉予算を増やしすぎてアメリカが行き詰まっているという話だそうです。

これまで正直、民主党と共和党がどういう主張をしているかよく理解して無かったのですが、本書のおかげで何となくイメージが掴めてきた気がします。

ティーパーティーについても、国を憂い、真剣に税金の使い道を正そうと考えている人々の連合体だということで、マスコミから流れてくる印象に基づき判断するだけでは誤ってしまう典型だなぁとびっくりしました。

徳間書店。1400円+税

|

« 『決断できない日本』ケビン・メア | Main | 日本の猫カレンダー2012 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/53177815

Listed below are links to weblogs that reference 『アメリカの歴史的機器で円・ドルはどうなる』日高義樹:

« 『決断できない日本』ケビン・メア | Main | 日本の猫カレンダー2012 »