« 2010開幕・北海道遠征記 その2 | Main | 五寸釘寅吉 »

2010開幕・北海道遠征記 その3

釧路出発後3時間ほどで網走に到着。

Dscn2363Dscn2362 北緯44度近いです。自己最北。

Dscn2368 縦書きの駅名

駅付近の喫茶店あんじろでランチを食べた後、バスで砕氷船乗り場へ。おーろら号予約しておいたので受付へ向かうと、なんと発達した低気圧の影響でこの日は「全便欠航」!

Dscn2389 JRCのレーダが付いてました

次のバスまで時間があるので付近散策。すると車窓から見えた大鳥居を発見。駅から遠そうだったので諦めてた網走神社に寄れそう。ということで雪解け水が小川のように流れる参道を登山開始。

Dscn2385 雪の中の網走神社

Dscn2386 貝殻敷でした

砕氷船乗り場に戻ってバスで天都山・流氷館へ。

Dscn2404_2 絶景!(クリックで大きくなります)

Dscn2395 網走送信所

この後、監獄博物館を見学。厳しい世界情勢の中、北海道開拓のために網走に監獄を作って、道路建設を進めたんだとは知りませんでした。極寒の地での生活の大変さは想像を絶します。

Dscn2431 放射状に伸びる通路

Dscn2429 「豚には常に思いやりをもって接しよう」

Dscn2419 天都山のアンテナ群を望む

この後は網走駅に戻って、空港行きバスで女満別空港へ。たまたま普通の路線バスタイプが来たのですが、乗客は私1人(汗)

Dscn2434

早めに空港に着きましたが、そこからどんどん天候が悪化し猛吹雪に。到着便が天候調査かかってしまい、着陸出来なかった場合は折り返しの自分が乗る東京行きが結構になってしまうピンチに。次の日も休日なので大きな支障はないのですが、欠航になったら今夜どうしようかなぁと考えながらレストラン街で夕食。

Dscn2442_2 流氷ドラフト(発泡酒)

その後空港内で待っていると「無事着陸」のアナウンス。何とか今日中に帰れそうなので、手荷物を預けておみやげを買って機内へ。滑走路に入ってからも10分くらい出発出来ない位の猛吹雪で肝を冷やしましたが何とか離陸。寝てる間に羽田へ到着し0泊2日の開幕戦遠征が終了いたしました。

今回は3ヶ国盗れて、合計441ヶ国になりました。

|

« 2010開幕・北海道遠征記 その2 | Main | 五寸釘寅吉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/47929704

Listed below are links to weblogs that reference 2010開幕・北海道遠征記 その3:

« 2010開幕・北海道遠征記 その2 | Main | 五寸釘寅吉 »