« 傍聴券有りの勾留理由開示公判 | Main | 2009GW関西遠征 »

国宝阿修羅展

P1000036 奈良の興福寺から上野の国立博物館に国宝がお出ましということで阿修羅展へ。

昼間は混んでるという情報だったので夕方から参戦。まずは十大弟子像・八部衆像を拝見。迦楼羅像は正面から見ると意外に人間顔だと思いました。その他にも獅子のかぶり物した仏像があったりお茶目な感じが楽しかったです。

そして、メインディッシュの阿修羅像。顔が3つ腕が6つという三面六臂の仏像です。最初は顔が3方向向いていてそれに対応して腕が2本ずつあるのかと思っていたのですが、そうではなくて正面向きで腕が6本あり、残りの顔は左右に付いているものでした。

正面の顔の表情が何とも言えず、しばし見つめていると、何か手が動いているような錯覚に囚われました。上に広げた手・合掌・その中間というポーズになってますので動きを感じたのかも知れません。

その後は四天王をチェック。袖口に怪物がいたり、踏みつけられた悪者の表情とか細かいところまで作り込んであるなと思いました。

帰りには売店で阿修羅Tシャツを購入してしまいました。前回は仏足跡のTシャツ買ったっけなぁ(^^;

http://www.asahi.com/ashura/

|

« 傍聴券有りの勾留理由開示公判 | Main | 2009GW関西遠征 »

Comments

テレビでも取り上げられているようで、人気は高そうですね。阿修羅さんがお留守の奈良の興福寺国宝館も連休で賑わっています(笑)。

Posted by: きみ | 2009.05.03 at 12:51 AM

今思えば大阪時代にもっと観光しておけば良かったと思います。まぁ当時は今ほど神社仏閣に興味なかったし、お金も無かったから厳しかったですが(^^;

Posted by: ふもふも | 2009.05.03 at 05:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/44874649

Listed below are links to weblogs that reference 国宝阿修羅展:

« 傍聴券有りの勾留理由開示公判 | Main | 2009GW関西遠征 »