« JR東日本E491系電車East i-Eに遭遇 | Main | アマチュア局再免許への道part3 »

さよならGコード

2月に入り日本経済新聞のテレビ欄からGコードがひっそりと姿を消しました。デジタル化でEPGが使えるようになり、Gコードの需要が減っていたのが原因。

登場初期は、便利な機能だなと思ったりしたものですが、今時のEPGに比べると野球放送の延長や急な変更に対応は出来ない不便さが目に付くのも事実でした。

Gコードの文字数が減った分、今後は番組内容の記述がちょっぴり増えそうです。

http://gemstar.co.jp/gcode/index.html

|

« JR東日本E491系電車East i-Eに遭遇 | Main | アマチュア局再免許への道part3 »

Comments

番組の放送時間の急な変更など、そんなに多くない。
EPGは、番組を探すのが面倒で大変不便。
まだアナログのビデオテープを使っている人は大勢いる。
Gコードの需要がそんなに減っているとは思えない。
アナログ放送からデジタルへの移行は2011年なのに、
この時期に廃止するのは日経だけだ。
週刊テレビ番組表も8面から4面に半分になっている。
要するに、広告が減り収入が減ったので、
経費削減しただけでしょう。

Posted by: | 2009.02.07 at 05:29 PM

日経の読者層はラテ欄重視しなさそうなので、こういう経費削減はアリだと思います。

Posted by: ふもふも | 2009.02.07 at 06:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/43927169

Listed below are links to weblogs that reference さよならGコード:

« JR東日本E491系電車East i-Eに遭遇 | Main | アマチュア局再免許への道part3 »