« スーパーVAAMというのが出たらしい | Main | サイクルベースあさひ世田谷給田店 »

(映画)砂時計

これまたマンガ原作の作品。内容は敢えて予習せずに見に行ったのですが、悪夢のシーンとかホラー映画のごとく怖すぎ。主人公の杏は両親が離婚して母が自殺してそりゃ可愛そうな境遇ですが、せっかく救ってくれる大悟がが近くにいるのに勝手に離れていってしまって、なんだかなー。どこに共感してどう感情移入すればいいのかつかみきれない映画でした。原作よりかなり端折ってあるらしいので、原作読めばもう少し違う印象なのかも知れませんが。

杏の中高生時代を演じた夏帆ちゃんは難しい役柄を迫真の演技でこなしていました。毎度毎度キスシーンとか、ラブシーンが多いのが気になりますが、可愛い姿を大画面で拝めて幸せなひとときでした。

前回見たmemoに引き続き自殺ネタはヘビーすぎてしんどかったので、次は自殺者が出ない映画にしたいところ。

http://www.sunadokei-movie.jp/

|

« スーパーVAAMというのが出たらしい | Main | サイクルベースあさひ世田谷給田店 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/41115583

Listed below are links to weblogs that reference (映画)砂時計:

« スーパーVAAMというのが出たらしい | Main | サイクルベースあさひ世田谷給田店 »