« 宮城球場ライト芝生席撤去へ | Main | 傍聴記2007/12/14 »

最高裁傍聴

20071214_1  昨日は代休もらってお休み。最高裁に電話してみると刑事の弁論が9時55分から先着順で傍聴券配布し10時30分開廷とのこと。最高裁で法廷が開かれるのは毎日ではないのでこれ幸いと出撃。

ちょっと遅れて最高裁南門に着くと行列は無し。「傍聴券ありますか~?」と聞くと大丈夫ということで中へ。びっくりする位長い階段を登って入口へ到着。荷物をロッカーに預けて金属探知器を通過。そこから係員に法廷まで案内して貰ったのですが、またまた階段を登っていきます。いったい法廷は何階にあるんでしょうか?!また法廷に向かう途中は廊下の両側に係員が大勢いてびっくり。不振な挙動を見せれば即刻取り押さえられるんだろうなぁと思っているうちに第2小法廷に到着しました。

初めて足を踏み入れる最高裁の法廷は重厚で荘厳な雰囲気。床は絨毯で椅子も豪華です。弁護人と検察官の席はお互いに向き合っているのではなく裁判官の方を向いているのも特徴的です。

係員が前説で傍聴の注意をしていよいよ開廷時間。裁判官が入場して2分間はカメラ撮影。それから裁判が始まりました。ここで今日の裁判がオウムの林泰男の上告審ということが分かりました(^^;

弁護人は死刑は憲法違反・法令違反と事実誤認・量刑不当を訴えますが、検察官はいずれも理由が無いとして上告棄却を求めました。この後裁判長が弁論の終結を宣言し判決期日は追って決定となりました。

最高裁が弁論を開く時は判決が見直される時と聞いたことがあったのですが、この事件はどう考えても死刑判決。なんでかなと調べてみたら、死刑判決の時は弁論が開かれるのだそうです。なるほどね。まぁ上告棄却で死刑確定でしょうけど。

20071214_2_2参考リンク
http://www.courts.go.jp/saikosai/
http://www.shomin-law.com/keijijikensaikousai.html

|

« 宮城球場ライト芝生席撤去へ | Main | 傍聴記2007/12/14 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/17371395

Listed below are links to weblogs that reference 最高裁傍聴:

« 宮城球場ライト芝生席撤去へ | Main | 傍聴記2007/12/14 »