« 最高裁傍聴 | Main | 鳥獣戯画がやってきた! »

傍聴記2007/12/14

最高裁から歩いて東京地裁へ。地下の食堂で腹ごしらえして午後から傍聴開始。

まずは軽くジャブと公務執行妨害の判決へ。裁判長が登場して開廷されますが被告人が来てません。焦る弁護人と廷吏。弁護人一旦外に出て被告人と連絡を取り裁判長に結果を報告。「昨日夜勤で・・・。1時間位遅れるようです」だって。シンジラレナーイ(笑) 傍聴席に微妙な空気が流れました。裁判長怒りを抑えて次回期日を決定。「万障繰り合わせて来てもらってくださいね」と念押しして閉廷。

次は覚せい剤取締法違反の勾留理由開示。開廷前に弁護人が検察官や書記官と大声で雑談していた所によると、全面否認で弁護士会に人権救済の申し立てもしている模様。しかも起訴されて第1回公判も済んでいるのに勾留理由開示という珍しい内容のようです。それで検察官も出廷してたのでしょうか。

時間になり被告人が登場。勾留理由は住居不定・罪証隠滅・逃亡のおそれという定番セット。被告人は全面否認でしかも勾留状も見てないし起訴の手続きもおかしいと主張。ひとしきりまくし立てると裁判長は「以上ですか?」と切り出し、被告人の出張には一切回答せず閉廷。被告人は再び手錠腰縄をつけられ喚きながら連行されていきました。

これまで見た勾留理由開示では、被告人や弁護人の主張に対して裁判長はそれなりに補足説明をしていましたが、今回は一切無し(笑)。まぁ相手するだけ無駄という感じでさっさと終わらせたように見えました。そもそも弁護人は苦笑するばかりで一言も意見言わなかったし。勾留理由開示もなかなか見所があるなぁと思った一日でした。

ちなみにこの422号法廷は裁判員制度対応に改装済みのようで、ひな壇には椅子がずらり。傍聴席も新品っぽかったです。

|

« 最高裁傍聴 | Main | 鳥獣戯画がやってきた! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/17371398

Listed below are links to weblogs that reference 傍聴記2007/12/14:

« 最高裁傍聴 | Main | 鳥獣戯画がやってきた! »