« × 8/12 Bs4-1H(京セラドーム大阪) | Main | 宇都宮餃子 香蘭と龍門 »

海難審判を傍聴

Dvc00004_2 8/14に横浜地方海難審判庁で海難審判を傍聴してきました。みなとみらい線の馬車道駅で降りて横浜第2合同庁舎へ。エレベータで19回まで上がるとそこはモロお役所の事務所。場所はどこかな~と探していると人が出てきたので「傍聴してみたいんですけど~」とお願いすると奥から別の人が出てきて審判廷まで案内してくれ、ついでに今日は簡易審判なので審判官は1名で即日裁決が出ますよ、と豆知識を教えてくれました。簡易審判じゃない場合は3名の合議制なのだそうです。ちなみに審判が始まって分かりましたがこの方は今回の審判の書記官さんでした(^^;

審判廷は広い会議室で、審判官の席だけ一段高いひな壇になっています。受審人の前には大きなテーブルがあり海図か何かが置いてあります。傍聴席との間には柵は無く裁判との違いを感じました。

審判官が入場して9時半に開廷。人定質問、理事官から審判開始申し立ての理由、罪状認否(のようなもの)、証拠調べ、審判官と理事官から質問という刑事裁判っぽい手順を踏みつつ10時20分頃結審。10時40分から裁決の言い渡しとなりました。

今回の海難は、ポンプの内部が腐食して一度水漏れしたにもかかわらず補修剤で処置
しただけだったために腐食が進み、別の所が裂けて機関室が浸水したものでした。会社も経営が厳しく、修理をお願いしてもやってくれなかったと受審人の機関長は弁明してましたが、自分でポンプのケーシングを開けて内部を確認すべきだったんじゃないですか?と審判官から指摘されてました。

裁決の内容は戒告処分。受審人もそれなりに反省していた様子でした。

今回は事実関係に争いのない自損事故のようなものだったのであっさり終わりましたが、衝突事故などで双方の見解が食い違ってるような場合は熱い審判廷になりそうです。

http://www.mlit.go.jp/maia/10zenkoku/3yokohama/yokohama.htm

|

« × 8/12 Bs4-1H(京セラドーム大阪) | Main | 宇都宮餃子 香蘭と龍門 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/16123126

Listed below are links to weblogs that reference 海難審判を傍聴:

« × 8/12 Bs4-1H(京セラドーム大阪) | Main | 宇都宮餃子 香蘭と龍門 »