« iriver iFP-899入院 | Main | 年始大掃除 »

裁判がテーマの映画です

「Shall we ダンス?」の 周防正行監督の最新作「それでもボクはやってない」が1.20より全国東宝系で公開されます。日経エンタで紹介されてて面白そうだったので前売り券を金券屋でゲットして来ました。内容は身に覚えのない痴漢で逮捕・起訴された主人公を通じて日本の刑事裁判の問題点に鋭く迫ったものだそうです。傍聴マニアなら必見でしょう?!

昨日フジテレビ739でナビ番組やってましたが、外国では痴漢に相当する単語がないそうです。日本の電車は混みすぎてるのも原因の一つ?ともかく痴漢する人の心理は全然理解できません。示談金目当ての狂言被害者もいるみたいなので電車に乗る時には誤解を招くような動きをしないように気をつけないといけないですね。

http://www.soreboku.jp/

|

« iriver iFP-899入院 | Main | 年始大掃除 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/13391731

Listed below are links to weblogs that reference 裁判がテーマの映画です:

« iriver iFP-899入院 | Main | 年始大掃除 »