« 日大三10-2多摩大聖ケ丘(神宮球場) | Main | ロジクールMX-400購入 »

東京地裁傍聴記

午後から久しぶりに東京地裁へ出撃。地下の食堂でほうれん草カレー食べてお腹も満たされたところで法廷へ。

一件目:迷惑防止条例違反(新件)
混雑した中央線内で痴漢行為。女性に手を捕まれて駅員に突き出されお縄になった36歳会社員。痴漢での前科が2犯。このことが原因で離婚したり会社を辞めたりしたのに懲りずに今回の犯行に及んだもの。情状証人は母親。今後より一層監督すると証言しますが、女性検察官からは「そういう年齢ではないですよね。」とピシャリ。確かにその通り。

二件目:住居侵入・窃盗(新件)
簡裁で3件起訴され服役中の被告人が今回新たに地裁に起訴されたもの。検察官によると別件で来月起訴予定、しかもさらに余罪があり日程の目処も付かないとのことで裁判長も苦笑い。

簡裁の更新手続きで従前通りと弁護人、検察官に確認の後、人定質問、起訴状朗読、罪状認否と続き次回の日程を決めて本日はここまで。

見るからに冴えない風貌の被告人。盗みで生計を立てないでちゃんと働きなさいな。

ちなみに本法廷の裁判長は、村上博信さん。この方の法廷は何度か見たことがあって覚えていたのですが、声が大きくて聞き取りやすく、しかも分かりやすく親しみを感じさせる進行をされるので傍聴のし甲斐があります。おすすめ!

三件目:銃刀法違反(判決)
懲役7年6月。未決算入60日。
重大な事案だが、捜査段階から罪を認めて供述し組を抜けたこと、役割が主導的とは言えないこと、前科が無いこと等を総合考慮して今回の判決になったことを宣告。被告人は外国人(フィリピン人?)だったので裁判長の言葉は通訳人を通じて被告人に伝えられました。被告人の子供と思われる小さい女の子が傍聴席で声を上げて遊んでいたので退廷させられるかなと思いきやそうはなりませんでした。

外国人の犯罪多いですよねぇ。開廷表見ていて毎回思います。うーむ。

たぶん、この事件のフィリピン人船員だと思われます。↓↓↓

武器密輸:指揮役の組幹部を逮捕 警視庁
 指定暴力団稲川会系松田組員による組織的な武器密輸事件で、警視庁組織犯罪対策4課が、密輸を取り仕切っていた同組幹部を銃刀法違反容疑で逮捕していたことが分かった。同課は同組の「武器庫」から軍用自動小銃など多数の武器類を押収しており、他の組に密売するなどして組の資金源にしていた可能性があるとみている。

 この事件では、今年1月、横浜市の横浜港で、フィリピンの貨物船から、ダイナマイト級の含水爆薬6本、密造拳銃11丁、実弾220発などを密輸入したとして▽同組員、秋山公明(44)▽「運び役」の無職、五十嵐安清(61)▽フィリピン人の船員2人の計4被告=銃刀法違反罪などで起訴=が逮捕された。組幹部はこの密輸の指揮役として、04年春ごろから五十嵐被告らに密輸品の受け取り法を指示したり、1回10万円の成功報酬を手渡すなどしていた疑いが持たれている。

 同課によると、松田組は構成員約10人で、横浜市中区に事務所を置く。今年3月、同課は神奈川県内の組関係先を家宅捜索し、旧ソ連の軍用自動小銃AK47など銃器類計十数丁を押収した。AK47には国内では極めて珍しい小型爆弾発射装置「ランチャー」が装着され、殺傷能力が高められていたが、これらも同様にフィリピンから密輸したとみられる。【三木陽介、石丸整】
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060707k0000e040076000c.html

|

« 日大三10-2多摩大聖ケ丘(神宮球場) | Main | ロジクールMX-400購入 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/11133321

Listed below are links to weblogs that reference 東京地裁傍聴記 :

« 日大三10-2多摩大聖ケ丘(神宮球場) | Main | ロジクールMX-400購入 »