« 2005パリーグ東西対抗開催決定 | Main | はじめての勾留理由開示請求公判 »

○ 8/10 L5-7H (インボイスSEIBUドーム)

和田と松坂の因縁の対決。初回松中のタイムリー、2回にラッキーボーイ鳥越の2点タイムリー、4回ズレータのソロHRで、松坂から4点のリードを奪うと和田もスイスイピッチングで昨日に引き続き楽勝な雰囲気。

しかし、6回裏に三塁塁審津川の疑惑の判定(片岡の三塁線の当たりがフェア判定で2塁打。カブレラのレフトポール際の当たりがホームランの判定)で同点に追いつかれると、続く和田(L)にバックスクリーン左のコンクリート部分にワンバウンドして場外へ消えるソロホームランを被弾。1点ビハインドになってしまいます。

直後の7回表、松坂の暴投とバティスタの怒りのソロHRで逆転すると、8回にはヒットで出塁した先頭バッターカブレラが鳥越のバント空振りで挟殺アウトになり厭なムードになりますが、なんとびっくり箱的場がホームラン!ライオンズを振り切り70勝目に到達&マリーンズも破れて6ゲーム差となりました。

的場もようやく力が発揮できるようになってきました。初のお立ち台も初々しくて良い感じ。城島の後釜が狙えるチャンスだから今が勝負のしどころ。ガンバレ的場!

これで、プレーオフ進出マジックはどうやら9。ゴールが見えてきた。

http://live.nikkan-kyusyu.com/hawks/2005/sh_kei_050810.html

|

« 2005パリーグ東西対抗開催決定 | Main | はじめての勾留理由開示請求公判 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/5404119

Listed below are links to weblogs that reference ○ 8/10 L5-7H (インボイスSEIBUドーム):

« 2005パリーグ東西対抗開催決定 | Main | はじめての勾留理由開示請求公判 »