« 携帯電話の中古電池パックを試してみる | Main | 『ザ・ゴール』エリヤフ・ゴールドラット »

世田谷の緑道を行く(烏山川・北沢川・目黒川)

GWですが特に遠出する予定がないので、以前から探検してみたいと思っていた世田谷の緑道巡りに出かけてみました。

緑道というのは、暗渠(地下に埋設したり覆いをかぶせたりして、上から見えないようにした水路)に緑を植えたり小川のせせらぎを再現したりした小径のことです。都会の喧噪の中でもホッと一息つけるようなそんな素敵な空間なのであります。(自分が住んでいる場所はもともと緑が多いのでこの説明はちょっと当てはまらないけど。。。)

CIMG0167まずは烏山川を辿ります。MTBで出発。しばらく案内板など無い道が続きますが、環八の千歳台交差点付近で最初の看板を発見。「最上流部」と書いてあります。ちゃんと整備した部分の最上流部という解釈か?
CIMG0168 希望丘団地の北側に伸びる別ルートを発見。水が流れる公園が整備されていて子供達の遊び場になってました。こっちのルートは帰りに寄る事にしよう。
CIMG0169 万葉の小径と題した場所。木々が溢れていました。
CIMG0170バイク進入禁止(場所によっては自転車も禁止)なので車止めは随所に出てきます。これは「烏山川緑道」をアピールする車止め。
CIMG0171世田谷4丁目と梅丘2丁目境目くらいの国士舘大学付近にあった看板。ちょっと汚れて見にくくなってました。
CIMG0172都立明正高校の跡地・校舎を2005年2月に国士舘が買い取ったようです。まだ使ってない様子でフェンスは閉まってました。
CIMG0174環七の若林踏切。赤信号を悠々と路面電車が通過していきます。遮断機が無いのが新鮮。
CIMG0176三軒茶屋のキュロットタワーがそびえ立ちます。
CIMG0177池尻大橋の北側。これぞまさに暗渠といった趣。
CIMG0178烏山川を下って北沢川を上ってくるつもりが、つい出来心で目黒川を走破してしまいました(^^;写真は天王洲のテレビ東京。
CIMG0180さて、折り返して目黒川を上ります。この写真は、株式会社衛星ネットワーク(SNET)目黒局。屋上にこんなにパラボラがあるとワクワクしてしまいます。SUPL(サテライトアップリンク)ロゴの入ったパラボラが郷愁を誘います(笑) ちなみにスカパー!も入居してるようです。
CIMG0181目黒川はそれなりの水量ありますね。護岸がしっかり固められているので集中豪雨時は結構増水しそうです。(そのために貯水池とかせっせと整備中なのですが)
CIMG0182烏山川と北沢川の分岐点まで戻ってきました。今度は右側の北沢川を上っていきます。
CIMG0183起点の標識って清々しくて好き。千里の道も一歩から。まさに原点って感じ。
CIMG0184案内板(寄り)
CIMG0185案内板(引き)
CIMG0186小田急梅ヶ丘駅そばで看板をパチリ。北沢川緑道は烏山川緑道に比べると狭いし、途中で線路などに行く手を阻まれて途切れたりするし、結構難儀な道でありました。今後に期待。
CIMG0189烏山川緑道で残っていた別ルート(希望丘団地北側に延びるルート)に戻ってきました。この写真は環八の東側に沿う緑道(入れません)
CIMG0190南烏山1-1遊び場にあった看板。ここからは「ふれあい散歩道」という名称になるようです。

今回は走破する事がメインでしたが、次は脇道にそれてもっと街を探索するのもいいかなー。

|

« 携帯電話の中古電池パックを試してみる | Main | 『ザ・ゴール』エリヤフ・ゴールドラット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/3982448

Listed below are links to weblogs that reference 世田谷の緑道を行く(烏山川・北沢川・目黒川):

« 携帯電話の中古電池パックを試してみる | Main | 『ザ・ゴール』エリヤフ・ゴールドラット »