« リフォームするのか?福岡ドーム | Main | ご存じですか?行旅死亡人 »

『すぐわかる 図説 日本の仏像』宮元健次

唐招提寺展ついでに東京国立博物館で購入。イラストも多く、文字数も少ないので入門書として大変参考になりました。仏像を見て名前が分かるとまでは行きませんが、如来・菩薩・明王・天の区分別の特徴は大まかに頭に入りました。読んでて思ったんですが、私たちの日常生活で何気なく使っている言葉には、仏教由来の言葉が色々あるもんですね。語源を調べるのって結構好きなので、そういう面でも勉強になる一冊でした。

Amazon.co.jp: 本: すぐわかる図説 日本の仏像


この本に関してトリビアを一つ。
「東京には、目黒・目白の他に、目青・目黄・目赤も存在する」(へぇ~へぇ~)
江戸時代三代将軍家光の時に、五色不動といって青赤黄白黒の5つの目の色の不動明王像を設置したのが由来だそうです。hirax.netさんの所で古地図と合わせて紹介されていたのでリンクさせてもらいます。

(参考サイト)
飛不動尊さんの仏様の種類・ランキング

|

« リフォームするのか?福岡ドーム | Main | ご存じですか?行旅死亡人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/3007399

Listed below are links to weblogs that reference 『すぐわかる 図説 日本の仏像』宮元健次:

« リフォームするのか?福岡ドーム | Main | ご存じですか?行旅死亡人 »