« 第20回読売新聞社杯全日本選抜競輪(GⅠ)決勝戦 | Main | CLASH BOWL準決勝 »

さようなら福岡ダイエーホークス

ダイエー球団終焉にあたり追悼の言葉を少々。

ライオンズが去り主のいなくなった平和台球場に久しぶりにプロ野球が戻ってきたのは平成元年、自分が中学1年生の時(福岡の実家にいた頃)でした。当時はライオンズへの想い断ちきり難しといった人も年配の人を中心に多かったと記憶しています。自分はその時特にひいき球団があった訳ではなく、強いて言えばテレビでよく中継しているジャイアンツが一番詳しいかなといった程度でした。パリーグについてほとんど知識はなかったのですが折角球団が来たので応援しようかという気持ちになりホークスファンとなりました。

ファンとは言ってもまだ中学生で資力にも乏しいため球場に行くのは年に数回。でも、平和台時代の外野席の雰囲気ってなんとなく覚えてるんですよ。ヒットが出るたびに新聞紙や広告紙で作った紙吹雪が舞い、トランペットで線路が続くよ♪のマーチ。照明に浮かび上がるフィールドと選手。でもチームは悲惨なくらい弱かった・・・。

平成5年には福岡ドームが完成。アジア太平洋博覧会(愛称:よかトピア)会場跡、当時は何にもなかった埋め立て地・百道浜に資金力にものを言わせて建築。なんと!前代未聞の開閉式ドーム(ドームやのに屋根開けられると?すげー)。なんと!開口方向は日本シリーズ時期に一番光線がいい方向に合わせてあるらしい。(こげん弱いとに日本シリーズの事やら考えとると?)。なんと!将来的にはもう1個ドームを建てて商業施設にするらしい。(マジでー?)。結局ツインドーム構想は頓挫しましたが、最近ではお店も増えてホークスタウン構想は上手くいった方なんじゃないですかね。地下鉄唐人町駅からは遠すぎますが・・・。

平成7年から実家を離れ4年間大阪で大学生活。残念ながらこの時代はほとんど生観戦していません。プロレス観戦に燃えていたので野球用の資金まで捻出する事が出来なかったのが原因なのですが、今考えればもっと野球場に行っていれば・・・と思います。平成9年に出来た大阪ドームには何回か行きましたが、ホークスはやっぱり弱くて3連戦見ないと勝ちゲームに当たらなかった印象があります(苦笑)。あと、若井ダンスを目撃して衝撃を受けたのもこの頃だったかな。若井も晩年で代打稼業に入っていたんですよ。

平成11年。就職して東京に出てきました。頻繁に観戦するようになったのはこの年からですね。東京ドーム・西武ドーム(ちょうど屋根が完成した時期)・千葉マリンにはよく通いました。ファンクラブにも入会しました。そしてこの年嬉しい初優勝&日本一!藤井-吉田-篠原-ペドラザの勝利の方程式は史上最強でした。(藤井さんいつまでもホークスを見守っていてね・・・)

平成12年にはパリーグ連覇。平成15年リーグ優勝&阪神相手にお互い本拠地で勝利して4勝3敗で日本一。平成16年レギュラーシーズン1位も、プレーオフで西武に敗れ日本シリーズ進出ならず。この年が福岡ダイエーホークスとして最後のシーズンとなるのですね・・・。

資金が豊富だった時代の裏金ドラフトが功を奏しているのか、根本遺産の活躍でホークスは毎年優勝争いが出来るくらいに強くなりました。応援歌の3番で「チャンピオンフラッグひるがえれ」という歌詞があって、最初はあまりにも現実離れしていて思わず笑ってしまったのですが、弱くてどうしようもない時代を経てこうしてチャンピオンフラッグが本当に翻るようになったんだなぁと思うと、じーんとしてしまいます。

引き際はゴタゴタしてしまったけど、球団を手放す時って得てしてこんなものなのかも知れないですね。中内体制維持のためコロニーと変な契約したり、小久保や村松を手放したりファンの神経を逆なでするようなことばかりやられてしまったので、いい加減身売りして欲しいと思っていたのは事実なんですけど・・・。最後なので感謝の気持ちも表したい。

福岡に球団を持ってきてくれてありがとう。
球団を強くしてくれてありがとう。
球界再編騒動の中「単独保有」を主張しホークスを守ってくれてありがとう。

後は頑張って経営再建して下さいね>ダイエー殿
日刊スポーツ九州 / 納会が新生ホークスの結団式に

|

« 第20回読売新聞社杯全日本選抜競輪(GⅠ)決勝戦 | Main | CLASH BOWL準決勝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/2047363

Listed below are links to weblogs that reference さようなら福岡ダイエーホークス:

« 第20回読売新聞社杯全日本選抜競輪(GⅠ)決勝戦 | Main | CLASH BOWL準決勝 »