« October 2004 | Main | December 2004 »

日本の猫2005年カレンダー/平凡社

心がすさんでいるので、ここ10年くらい猫カレンダーを買って使っております。2005年カレンダーを新宿の紀伊國屋に探しに行った所これを発見、つい表紙を見て衝動買いしてしまいました。たまりませんなぁ。

ISBN4-582-64512-7
平凡社。1260円。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

CLASH BOWL準決勝

駒沢陸上競技場へ自転車で出撃。距離は12km位?でした。
初めて行ったのですが緑が綺麗で見やすいスタジアムですね。準決勝という事もありお客さんもそれなりに入ってました。Xリーグより多いでしょう(笑)

第1試合:法政大学19-14専修大学
第2試合:中央大学14-7早稲田大学

なかなかタッチダウンが出ない試合でしたが、試合終了間際に息詰まる攻防があり、時間をコントロールしながらプレーするアメフトの面白さが堪能できた試合でありました。

ルール的に難しい場面がいくつかあったので、もっと場内実況でフォローするか、ミニFMでも開局して解説してくれたらいいかも知れませんね。

(めも)
中央大学のヘッドコーチの抗議が多かった気がした。
たいした怪我じゃないのに起きあがらずレフェリータイムアウトを取らせて時間稼ぎしているように見受けられる場面があった。

DVC00050.bmp
法政のチアさんが上着来て整列して応援歌歌ってました。腕の振り方が細かくて面白かった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

さようなら福岡ダイエーホークス

ダイエー球団終焉にあたり追悼の言葉を少々。

ライオンズが去り主のいなくなった平和台球場に久しぶりにプロ野球が戻ってきたのは平成元年、自分が中学1年生の時(福岡の実家にいた頃)でした。当時はライオンズへの想い断ちきり難しといった人も年配の人を中心に多かったと記憶しています。自分はその時特にひいき球団があった訳ではなく、強いて言えばテレビでよく中継しているジャイアンツが一番詳しいかなといった程度でした。パリーグについてほとんど知識はなかったのですが折角球団が来たので応援しようかという気持ちになりホークスファンとなりました。

ファンとは言ってもまだ中学生で資力にも乏しいため球場に行くのは年に数回。でも、平和台時代の外野席の雰囲気ってなんとなく覚えてるんですよ。ヒットが出るたびに新聞紙や広告紙で作った紙吹雪が舞い、トランペットで線路が続くよ♪のマーチ。照明に浮かび上がるフィールドと選手。でもチームは悲惨なくらい弱かった・・・。

平成5年には福岡ドームが完成。アジア太平洋博覧会(愛称:よかトピア)会場跡、当時は何にもなかった埋め立て地・百道浜に資金力にものを言わせて建築。なんと!前代未聞の開閉式ドーム(ドームやのに屋根開けられると?すげー)。なんと!開口方向は日本シリーズ時期に一番光線がいい方向に合わせてあるらしい。(こげん弱いとに日本シリーズの事やら考えとると?)。なんと!将来的にはもう1個ドームを建てて商業施設にするらしい。(マジでー?)。結局ツインドーム構想は頓挫しましたが、最近ではお店も増えてホークスタウン構想は上手くいった方なんじゃないですかね。地下鉄唐人町駅からは遠すぎますが・・・。

平成7年から実家を離れ4年間大阪で大学生活。残念ながらこの時代はほとんど生観戦していません。プロレス観戦に燃えていたので野球用の資金まで捻出する事が出来なかったのが原因なのですが、今考えればもっと野球場に行っていれば・・・と思います。平成9年に出来た大阪ドームには何回か行きましたが、ホークスはやっぱり弱くて3連戦見ないと勝ちゲームに当たらなかった印象があります(苦笑)。あと、若井ダンスを目撃して衝撃を受けたのもこの頃だったかな。若井も晩年で代打稼業に入っていたんですよ。

平成11年。就職して東京に出てきました。頻繁に観戦するようになったのはこの年からですね。東京ドーム・西武ドーム(ちょうど屋根が完成した時期)・千葉マリンにはよく通いました。ファンクラブにも入会しました。そしてこの年嬉しい初優勝&日本一!藤井-吉田-篠原-ペドラザの勝利の方程式は史上最強でした。(藤井さんいつまでもホークスを見守っていてね・・・)

平成12年にはパリーグ連覇。平成15年リーグ優勝&阪神相手にお互い本拠地で勝利して4勝3敗で日本一。平成16年レギュラーシーズン1位も、プレーオフで西武に敗れ日本シリーズ進出ならず。この年が福岡ダイエーホークスとして最後のシーズンとなるのですね・・・。

資金が豊富だった時代の裏金ドラフトが功を奏しているのか、根本遺産の活躍でホークスは毎年優勝争いが出来るくらいに強くなりました。応援歌の3番で「チャンピオンフラッグひるがえれ」という歌詞があって、最初はあまりにも現実離れしていて思わず笑ってしまったのですが、弱くてどうしようもない時代を経てこうしてチャンピオンフラッグが本当に翻るようになったんだなぁと思うと、じーんとしてしまいます。

引き際はゴタゴタしてしまったけど、球団を手放す時って得てしてこんなものなのかも知れないですね。中内体制維持のためコロニーと変な契約したり、小久保や村松を手放したりファンの神経を逆なでするようなことばかりやられてしまったので、いい加減身売りして欲しいと思っていたのは事実なんですけど・・・。最後なので感謝の気持ちも表したい。

福岡に球団を持ってきてくれてありがとう。
球団を強くしてくれてありがとう。
球界再編騒動の中「単独保有」を主張しホークスを守ってくれてありがとう。

後は頑張って経営再建して下さいね>ダイエー殿
日刊スポーツ九州 / 納会が新生ホークスの結団式に

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第20回読売新聞社杯全日本選抜競輪(GⅠ)決勝戦

(並び予想):KEIRINメルマより
小嶋敬二-山田裕仁-山口富生、吉田敏洋-山内卓也、
高城信雄-内林久徳、伏見俊昭-佐藤慎太郎

メンバー的にはイマイチ弱いですね。地元中部勢が5人。小嶋に岐阜勢が付いて、愛知の2人は別線勝負。

単純に考えると、逃げそうなのは吉田か高城、それを捲る小嶋と伏見という展開なのでしょうが裏のかきあいでゴチャゴチャしそうな気もする。4分戦は苦手です・・・。

吉田が引き出して、山内=山田、山内=小嶋
捲りきって、小嶋=山田、伏見=佐藤
我ながらてきとーな予想です(^^;

しかし1番点数持ってるのが佐藤(112点)で、1番少ないのが山田(107点)というのは驚き。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

『現在(いま)を生きよう』鈴木光司

「リング」「らせん」で有名な鈴木光司の初書き下ろしエッセイ。著者の人生経験を通して、世間の価値観に流されず自分の価値観を大切にすること、現状を必要以上に悲観せず未来は今よりも明るいと信じること、子供の可能性の芽を摘まないように育てること、などを説いています。

会社の図書館の古本販売で20円で買ったのですが、1時間くらいで読める読みやすい本でした。中身も色々考えさせられたり納得したりする事が多く読んで良かったと思いました。

ただ、著者は自分の価値観を大切にして色々遠回りしながらも作家として成功し幸せな家庭を築いている訳ですが、現実に目を戻すと、そういう生き方って難しいですよね、たぶん。まぁ、必要以上に妥協せず、少しずつでも自分のポリシーを大切にしていく方がいいよってコトなのでしょうね。

実業之日本社。1,365円。
ISBN4-408-10345-4

Amazon.co.jp: 本: 現在(いま)を生きよう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ピッチングの正体』手塚一志

二重振り子運動ではなく、二重回旋運動でボールを投げるのが理にかなってると主張する著者が、体の使い方を12のチェックポイントに分けて解説している本です。自分が買ったのは第1版第17刷でした。結構売れてるみたいですね。

今まで世間で信じられてきた投球論の常識を覆す理論なのですが、読み進めていくと確かにそうなのかな~という気がしてきました。草野球やっててスローイングが安定しなくて悩んでいたので、今度試してみようっと。でも今はシーズンオフ・・・。

ちなみに、バッティングの正体という兄弟本もあります。

ベースボールマガジン社。2,100円。
ISBN4-583-03507-1

Amazon.co.jp: 本: ピッチングの正体

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボジョレーヌーヴォー2004

あー、今年もボジョレー・ヌーボーの時期だね~、という事で、普段はビール党の私ですが流行モノに弱いのでついつい1本購入してしまいました。

コンビニより安いかな?と思って近所の西友に行って、POPを見ながらフィーリングで選んだのがこのワイン。レ・カーブ・ド・シャンクロ ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー(2,180円)

新種なので軽くてフルーティーな味を想像していたのですが、思ったよりもコクがあるなという印象。でも、飲みやすくて美味しかったですよ。ちなみに久しぶりにワイン飲むもんだからコルク抜く時に失敗してコルクを半壊させてしまいました(汗)

ついでに、にわか仕込みの豆知識を紹介。

まず、ボージョレというのがフランスの一地区
“ヴィラージュ”とはフランス語でVillage=村と言う意味で、“ボジョレー ヴィラージュ”とはボージョレ地区でも限られた北部の39村で作られたワインになります。日本のお米でいう魚沼産コシヒカリといったイメージ。ボジョレーより少し高価ですが、品質も良くオススメ♪(ワインショップハナメール)

| | Comments (1) | TrackBack (1)

こうさぎ飼育開始

blogpetの「こうさぎ」をよく見かけるので気になって調べてみると、自分が使っているティッカー型RSSリーダの「Rabbit Ticker」の作者さんが作っている事が判明。また、ただのペットかと思ったら人工無能(懐かしい!!)を搭載しているという事も判明し、これは飼わねば!とばかり今朝登録&設定してみました。まだ、ろくな言葉をしゃべりませんが、これって結局自分の語彙力のせいですかね(笑)

設定に当たっては、あっきぃーはうすさんのページを参考にさせて頂きました。多謝。

「こうさぎ」「Rabbit Ticker」の生みの親、ワークアットの工藤友資氏のインタビュー(BroadBand Watch)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

鉄道部品、約1トン=15,000円

北陸鉄道のページで鉄道部品を売っているのを発見。
お好きな方は是非(笑)

車軸付き車輪

鉄道部品販売

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/13 札幌アンビシャス7-1福岡ドンタクズ(習志野市・秋津市営球場)

4年目を迎えたマスターズリーグ。今まで日程が合わず見に行けなかったのですが、今年は休日の開催が基本なので関東での開催は漏らさず観戦に行くぞ!という訳で早速土曜日に習志野へ行って参りました。

手動式のスコアボード、派手なユニフォーム、年老いた審判員。普段見ているプロ野球とは一味も二味も違う世界が広がっていました。
往年の選手の事はちっとも知らないガキどもは、ボールくれくれ!と鬱陶しかった!でも、久しぶりに動く吉永・坊西なんか見れて大満足でした(^^) 珍しく関東でわっしょい!わっしょい!ヒ・ロ・シ!!も出来たしね。

試合結果(スポーツ・アクセスのページ)

DVC00046.jpg
ファルボールって何やねん?!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ライオンズ身売り濃厚

混迷するプロ野球界。日本一になったのに身売りされそうなライオンズ・・・。ライオンズの選手・ファンの方々には本当にお気の毒な事だと思います。

でも・・・。ナベツネさんらと組んで1リーグ制への策謀を企てたツツミさんが今回の不祥事で表舞台から転落していくのは全く持っていい気味であります(^^) 第一野球なんて全然興味ない人がオーナーというあたり不幸の始まりだったんですよ。

売却価格200億とか言ってますが日本シリーズ見て分かるとおりの不人気球団ですから交渉の過程でもっと値切られるでしょう。本拠地は西武鉄道的には所沢で譲れない所でしょうが、背に腹は代えられない場合は移転もあるかも?自分としては所沢は遠くて不便なのでもっと便利な場所にして欲しいですが。

しかしこの調子では来年の日程なんて組めやしないですね。遠征の日程考えるために早めに発表して欲しいのですが今回はぎりぎりまで決まらなそうな予感。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

じわじわRSS

RSS対応に限らず「登録したサイトを定期的に巡回して、新着・最新ニュースのRSSを生成」してくれる MyRSS に、Google news とか、2ちゃんねるヘッドラインBBY (news) とか登録して、生成されたRSSをrabbit tickerで表示させる。なーんて事をやっております。更新も結構早いので便利。

ちなみにRSSリーダはMiechというのを使っているのですが、イマイチしっくりこないので他のソフトを模索中だったりします。フリーでサクサク動くやつ無いかなぁ?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

井口自由契約でメジャー挑戦

小久保も村松も、そして井口も・・・。毎年主力が流出していく・・・。
ポスティングじゃなくて自由契約なので、球団に移籍金は入ってこないんですよね?
経営苦しいのに何やってるんでしょう?不可解な話です。
ダイエーさんは早くホークスを手放して下さい。そして、ドコモでもサントリーでもいいから経営のしっかりした企業に球団を持って頂きたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004年12球団東西対抗戦

前売りで外野が売り切れていたので内野自由席券で入場。早速外野へ移動~と思ったら内外野の通路が封鎖されている!聞くと、外野の客が捌けないと通路を開けないとの事。満員だったら立見かな?とか心配して待っていると、30分ほど経って行列も途切れたようでようやくOPEN。結局満員にはならず余裕で座れました(^^;

ホークス関係ですが、なぜか本間がいなくて代役が鳥越!去年パリーグ東西対抗でサヨナラHR打ってるし、プレーオフも好調だったから何かしでかしてくれるかも?まぁ、何もしでかさなくてもそれでこそ鳥越ですが。。。

試合の方は和田のタイムリーで2点先制した東軍に対して、井端のHR、嶋のタイムリー、柴原のポテンヒットタイムリーと終盤逆転した西軍が勝利。先発新垣は2回投げて被安打ゼロの好投でした。

応援の方は、6回までは普通で、7回からはチャンステーマのメドレー。そういえば鳥越に知らない曲が流れていたけど中日・ダイエーの交互演奏だったのかも。

試合終了後は、各球団の応援歌をやって、それから近鉄・オリックスの1-9(のようなもの)、白いボールのファンタジーなどをやりました(涙

あ、そうそう、試合終了後のセレモニーで新球団の紹介があったのですが、多数のブーイングが発生、そして堀江コール!ファンの風当たりは厳しいようだが、どうする?楽天・三木谷。

2004年12球団東西対抗戦 試合結果(NPBページ内)

#ファンサービス投げ入れで、ヤクルト宮本の投げ込んだ全日本仕様のリストバンドをキャッチ出来ました。ラッキー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »