« 『競輪に賭ける!バンクの演出家たち』松垣透 | Main | 甘木線はワンマン運転 »

二輪乃書ギャンブルレーサー第26話:幸せ配達人と疫病神?

あらすじ>
宇都宮記念決勝。逃げる村上をバック一捲りの優一。そして優一の番手はもちろん関軍団のウリ!ゴール前鋭く差し込み嬉しい3年ぶりの記念Vを決めた。
一方大宮F1に出場していた関優勝。初日の予選は先行の番手無風で恵まれV。準決は同乗した武蔵を利して優出を目論むが、桐山も意地を見せ3着滑り込み、師匠の関は4着に沈んだ。
そして金網の外では心臓に悪いレースが続いたことでショック死する観客が続出するのだった・・・

感想>
売二の記念優勝!優一のブレークのおかげとはいえ、胸を張って喜べる優勝ですよぉ。最近出番が少なかったのでこれを機にウリ復活編みたいな感じになって欲しいなぁ。
しかし、師匠もS級でしぶとく頑張ってますね。まだまだ引退は出来ないってところでしょうか。

|

« 『競輪に賭ける!バンクの演出家たち』松垣透 | Main | 甘木線はワンマン運転 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/590024

Listed below are links to weblogs that reference 二輪乃書ギャンブルレーサー第26話:幸せ配達人と疫病神?:

« 『競輪に賭ける!バンクの演出家たち』松垣透 | Main | 甘木線はワンマン運転 »