« 東伏見アイスアリーナ | Main | セゾンカードの切り替えで »

女子マラソン五輪代表選考に思う

Qちゃんが代表落ちで補欠にも選ばれなかったということで色々と論議を呼んでいるようですね。自分がこの報を聞いたときの第一印象は「お、意外。でも妥当だな」

前回のオリンピック金メダリストで実績も十分の高橋。選ばなかった場合、どれだけの騒動になるかは容易に想像できたはず。それでも高橋を選ばなかった陸連の決断は勇断だと思います。
国内選考レース優勝の重み、レースタイムの比較、データは土佐と坂本が選ばれるべきだと物語っています。これまで代表選考のごたごたを毎度見てきただけに、今回の選考の方がより透明度が高かったと言えるのではないでしょうか。

高橋のインタビューをTVで見ました。目標が叶わず泣き崩れたい所だと思いますが、笑顔で気丈に質問に答える姿を見てさすがプロだなぁと感心。選手を続けるそうなので、気を取り直して頑張ってほしいと思いました。でも、心にぽっかり空いた穴はなかなか埋まらないでしょうねぇ。年齢的にもピークは過ぎてると思うし、このままフェードアウトして行ってしまうような一抹の不安を覚えます・・・

|

« 東伏見アイスアリーナ | Main | セゾンカードの切り替えで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19782/304251

Listed below are links to weblogs that reference 女子マラソン五輪代表選考に思う:

» 陸連の決定に1票 [fly と flight日記]
今日のアテネオリンピック女子マラソン代表選手の決定について、様々な意見が飛び交っている。 僕の感想としては陸連に1票(珍しく)。 オリンピックに出場するというこ... [Read More]

Tracked on 2004.03.16 at 01:15 AM

« 東伏見アイスアリーナ | Main | セゾンカードの切り替えで »